名大社 ジモト転職エージェント

2021.03.23

CAくわちゃんの転職お悩み相談室 <“いい会社”ってなんですか?>

「CAくわちゃんの転職お悩み相談室」では、名大社のキャリアアドバイザーの「くわちゃん」こと桑山栞が、あなたの転職の疑問やお悩みにお応えします。
今回も、悩める相談者さんをお迎えして対談形式でお送りします!

今回のお悩み

こんにちは。
面談にお越しいただきありがとうございます!
経歴を拝見して、離職済と伺いました。まずは、退職の経緯を教えていただけますか?

ええと、新卒で入社した会社が、新型コロナウイルスの影響ですぐに休業状態になってしまいました。

休業中、各自が在宅でできることをしようとなったのですが、任せられた仕事について誰にも質問も相談もできず…。
周りも業務についてよく知らない人ばかりで、このまま働くのに耐えられずに会社を辞めてしまいました。

実は、就職活動の時に「すごくいい会社だな」と感じて、内定をもらえたのもすごく嬉しかったんですよね…。
「いい会社」ってなんでしょう?
自分の会社を見る目に自信がもてなくなっています。

ご相談ありがとうございます!
コロナ禍のバタバタで、同じような経験をしている人も少なくないのではと思います。
突然の事態ではあったものの、入社前のイメージと入社後の会社の実態があまりにかけ離れてしまっていたということですよね。

ところで、「いい会社」というのは、どんなところから感じたのでしょうか?

そうだなぁ。
先輩たちの働く姿がとてもイキイキとしていて、自分もそんな働き方ができたらいいな、と思いました。

なるほど!働く人の様子を見て、「いい会社」だと判断したんですね。

はい、そうです!

だったら、『あなたにとって「いい会社」』かどうかを判断する上で、「働く人の様子」だけでなく、もっといろいろな視点を持ってみるといいと思います。
会社の見た目の印象も大事ですが、せっかくの転職ですので、あなた自身の経験を振り返ってみて、判断基準を見出して欲しいですね。

“私の経験”ですか?

例えば、短い時間でも仕事を経験していたら、その中に「楽しいこと」「がんばれたこと」「辛かったこと」などいろいろな要素があると思います。
その中でポジティブな要素は、自分にとっての「いい会社」探しのヒントになるものです。

今回の場合、上司や先輩に何も聞けなかったのが離職のきっかけのひとつなら、「仲間に気兼ねなく相談できる環境」があるのは、『あなたにとっての「いい会社」』の条件になるのではないでしょうか?
休業になってしまって、あまり思い出せることが無いのであれば、アルバイトなど過去の出来事を紐解いてみてもいいかもしれませんね。

確かにそうですね!
なんとなくのイメージだけで判断せずに、自分の感じたことを振り返ってみようと思います。

いいですね!
自分が納得できる会社が見つけられると思います。
条件が見えてきたらぜひ私たちに相談してください。
希望にピッタリの会社と出会えるようにアドバイスしますよ!

ありがとうございます!あの、、、実はもうひとつご相談があるんですが…

…(次回に続く)…

Written by

RELATED ARTICLES