名大社 ジモト転職エージェント

2020.10.06

CAくわちゃんの《転職お悩み相談室》 <職務経歴書に書くことがなくて困る…(後編)>

「CAくわちゃんの《転職お悩み相談室》」では、
名大社のキャリアアドバイザーの「くわちゃん」こと桑山栞が、あなたの転職の疑問やお悩みにお応えします。今回は、職務経歴書に書くことに困っている人へのお悩みの後編です。

~前回からのお悩み~

<20代前半/初めての転職/第二新卒>
転職したいと考えているのですが、職務経歴書をどう書いたらいいか分かりません…。
というか、職務経歴書に書けることがなくて困っています。
自分のアピールポイントも、自分が次になにをしたいかも言語化するのが難しくて。
どうしたらいいでしょうか?

CAくわちゃんのアドバイス
視野を広げて会社を探し、自己分析とつなげていく

「職務経歴書に書くことがなくて困る」というお悩みへのアドバイスの後編です。

前回は、「自分の棚卸し」をして、自分への理解を深めようというお話をしました。
自分が「良いな」「悪いな」と思うものが経験から見えてきましたよね。

会社探しの棚卸しをしよう!

では、次は会社を探しながら、さらに「どんなところで働きたいのか」「なにをしたいのか」をクリアにしていきましょう。

会社を調べて、足を運び、出会う経験は、あなた自身を振り返る機会になります。
「ここには興味を引かれる」「ここはピンとこない」など、実際に職場を見た印象を、書き出してみてください。
自分の棚卸しの内容と見比べながら分析してみると、両者の公約数として、仕事に対して求めているものや、やりたいことが浮き彫りになってきます。

会社選びの軸って・・・?

私は転職活動をしながら、「良いな」「悪いな」と思っておしまいにするのではなく、そこから自分の会社選びの軸を見つけてきました。
それは、些細なことでいいんです。

ある時、いつまでも面接の始まらない企業があって、「人を大切にしない企業はいやだ」という軸ができました。

一緒に働く人に対してなにを求めるかも大事ですよね。

大事なコツは、なんでもいいからまずは調べること。

自分の視野が狭いままでは、新しい発見はありません。自分の枠を決めてしまってはもったいない。気になるところより、もうちょっと射程範囲を広げてみてほしいです。

いかがでしたか?
職務経歴書に書くことがないという人は、まずは「自分の棚卸し」と「気になる会社」のリサーチをして、自分の内面をどんどんアウトプットしてみてください。
書き出したものをどうまとめていいのか分からなくなったら、ぜひ私たちにご相談を。
自分で棚卸しがうまくできないという人も、どうぞご相談を。
お話をしながら、あなたの軸を見つけましょう。

written by くわちゃん

RELATED ARTICLES