名大社 ジモト転職エージェント

2020.08.28

身内同士でキャリアや強みを大解剖!!名大社キャリアアドバイザーの座談会【くわちゃん編】

転職に関する希望や疑問や悩みに応え、ぴったりのネクストステップを提案する名大社のキャリアアドバイザーたち。それぞれキャリアや、転職サポートで大切にしていることなど、座談会形式でお互いの素顔を深掘りしてみました。

座談会参加者プロフィール

くわちゃん(桑山栞)
1992年生まれ。椙山女学園大学卒業。カメラマン、保険の営業職を経て、名大社のキャリアアドバイザーに。求職者のみなさんが、ついなんでも話したくなる“お姉さん的アドバイザー”。今回の主役。

やっすー(安田洋平)
1990年生まれ。南山大学卒業。学習塾の講師をしながら経営改革にも取り組む、ちょっとハードな経験の後に名大社へ転職しました。ちょっとマニアックなほど幅広い業界に精通し、周りから頼りにされる“若き生き字引”。

くろさん(石黒愛梨)
1994年生まれ。津田塾大学卒業。東京のIT系技術商社で、文系出身ながら営業職として奮闘。その後、愛知へUターンして名大社に入社。冷静沈着に筋の通ったアドバイスを重んじるクールビューティー。

私も、納得できるはたらき方に挑戦してきました

くわちゃんは、転職を2回経験していますよね。どんな理由で転職を考えたんですか?

学生時代はカメラに興味があって。学校行事の撮影などを受ける会社に入社しました。
カメラマンとして修学旅行とかに同行するのは楽しかったよ。でも、私がそこで磨いていたのは、写真を撮る技術ばかりで。
ある時、同い年の添乗員さんが礼儀正しく、仕事をテキパキ進めていくのを見ていたら、身につけるべき知識やスキルがたくさんあるように思えて。それが、転職を考えたきっかけでした。

その後、まったく畑違いの保険業界に飛び込むんだよね。

そう、営業で自分を試してみたくて、バリバリ数字を追いかける仕事にチャレンジしてみました。
カメラマンとは違う、社会人として必要なスキルが磨けて、20台前半で百万単位の金額を動かすのも面白かったですね。
ただ、そこではお客様とのやりとりも含めて業務がほぼマニュアル化されていて、毎日従っていると「自分がやらなくてもいいんじゃない」と感じちゃって…。2度目の転職を決めました。

自分のキャリアのあり方を考えて、どんどん挑戦してきたんだね。

ライフステージが変わっても一生はたらいていたくて。
社会とのつながりとか、職場がどんな居場所になるかとか、仕事を通じた蓄積とか、いろいろ考えてきたかな。
名大社では、マニュアルより自分で考えることを大事にしてもらえるので、転職経験を生かしたサポートができたらと思っています。
せっかく転職したから、今までできなかったことにチャレンジしないと!

「もう少し話を聞いてほしいのに…」とは思わせません!

くわちゃんは、求職者の方への寄り添い方がすごい。
「なんでも相談できる。受け入れてくれる」雰囲気がいつも出ています。

経験を丁寧に聞いて共感する力に長けている。
オフィスで面談の話題を出す時も、しっかり相手の気持ちになって喋っているよね。

まず自分の言葉で率直に話してもらおうと心がけていますね。その上で、正す必要があることにもアドバイスする。改善や方向転換にも前向きであってもらいたい。
私自身、転職活動中に他の転職エージェントに相談して、「もう少し話を聞いてほしいのに…」と思ったことがあって。そんなフラストレーションは抱えてもらいたくない。みなさん、経験も悩みも迷いもそれぞれだから。全部受け止めて、心置きなく次のステップを踏めるお手伝いをします。

written by くわちゃん

RELATED ARTICLES